わきが治療は簡単|放置していても治らない

ふくらはぎを細くする

注射するレディ

注射で細くする

下半身が太いという悩みを抱えている女性がたくさんいますが、太ももが太くなっている場合とふくらはぎが太くなっている場合とを、同列に並べて考えるわけにはいきません。なぜかというと、太ももとふくらはぎとでは、太くなる原因が全く違っているからです。太ももが太くなっている場合は、脂肪がたっぷりついていることが多いです。したがって、太ももを細くするには、脂肪吸引や脂肪溶解注射などの脂肪を減らす治療が有効です。しかし、ふくらはぎの場合は事情が異なります。ふくらはぎはもともと脂肪がつきにくい部位であるため、脂肪を減らす治療を行っても足がほとんど細くなりません。ふくらはぎを細くする場合は、脂肪ではなく筋肉を落とす治療が効果的です。具体的には、ふくらはぎにボトックス注射を打つ方法が採用されています。ボトックス注射には筋肉を細くする効果があるため、ふくらはぎ痩せにはとてもよく効きます。

理想の状態を保つには

脂肪吸引や脂肪溶解注射を受けた人が、術後の状態を長く維持し続けるためにエキササイズを日課にするようになるケースが多いです。なぜかというと、脂肪吸引や脂肪溶解注射を受けても、脂肪細胞が全部きれいさっぱりとなくなるわけではないからです。治療前に比べれば太りにくくなるのは事実ですが、太る可能性がゼロになるわけではありません。そのため、エキササイズを行って理想のボディラインを維持し続けようとする人が多くなっています。しかし、ボトックス注射を打って体を細くした場合は、術後にエキササイズを行ったりしてはいけません。先程も言ったように、ボトックス注射には筋肉を細くする効果があります。せっかくボトックス注射を打って筋肉を痩せ細らせることができたのに、エキササイズを励行すればまた筋肉が太くなってしまいます。筋肉が落ちて細くなった状態を長く保ち続けたいのであれば、筋肉に負荷をかけるような動作は避けるようにするのがベストです。