わきが治療は簡単|放置していても治らない

ほくろを取るレーザー治療

鏡を見る女性

美容皮膚科で除去する

美容皮膚科でレーザー治療をすればほくろの除去ができます。ほとんどの美容皮膚科でほくろ除去で使用しているのがCO2を利用した炭酸ガスレーザーです。炭酸ガスレーザーをほくろの部分に少しづつ照射し、くり抜くようにして除去します。直径5mm以内のほくろなら、一回の炭酸ガスレーザー治療で消すことができます。一回の治療時間は約5分程度です。痛みを感じないようにほくろ除去に麻酔をします。5mm以上の大きさのほくろや深い所から発生しているほくろの場合は、何回か通院して治療をしたほうが綺麗に取れます。ほくろ除去のレーザー治療料金は大きさによって決まります。3mm以内で3000円、3mm〜5mmで5000円が相場です。

治療後のケアと注意点

ほくろを取り除くレーザー治療をしたあとは、ほくろがあった部分に肌色の絆創膏を貼ってもらえます。絆創膏は2日〜3日ぐらいは貼ったままにしておく必要があります。そして治療後3日目ぐらいに剥がし、処方してもらった軟膏を一日一回塗ってケアをします。最初は皮膚がくぼんだようになりますが、2ヵ月〜3ヵ月くらいで目立たなくなります。ほくろ除去をしても、ほくろの色素が残っていると再発するケースもあります。しっかりほくろを取ってくれるクリニックならいいですが、中にはあまり綺麗に取ってくれないクリニックもあります。レーザー治療をして終わりではなく、治療をした後に経過観察をしてくれる美容皮膚科クリニックを選ぶと安心です。